▲Page
Top
Menu

12月(師走)

師走(しわす)

僧がお経をあげるために東西を馳せることに由来します。
師は僧を指し、馳せるは走るを意味します。つまり、「師が馳せる」が「しはせ」となり、それが「しわす」になったといわれています。

 

年中行事

13日 正月事始め

<煤払い・松迎え>
昔から12月13日は「正月事始め」の日で、この日から「煤払い(すすばらい)」や「松迎え(まつむかえ)」など、お正月に「歳神様」を迎え入れるための準備を少しずつ始めました。歳神様とは、年が明けると私たちの家々を訪れ、1年の実りと幸せを授けてくれる神様です。
江戸時代、1年間の汚れを払い、隅から隅まできれいにすると、歳神様がたくさんのご利益をもたらしてくると考え、江戸城では12月13日に煤払いを行っていました。
江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、この日は婚礼以外は万事に大吉とされる「鬼宿日」にあたることから、歳神様を迎える準備を始めるのにふさわしい日とされ、正月事始めの最初に取りかかったのが煤払いです。それが後に江戸庶民の間にも広まり、煤払いは年中行事として定着していきました。
昔は薪(まき)や炭で火を起こしていたので、家の天井が煤だらけになりました。それを長い竹の先に藁(わら)や笹をつけた煤梵天(すすぼんてん)という道具を使って掃除しました。今でもお寺や神社などでは、煤梵天を使った煤払いの行事が残っているところがあります。
そして、門松やしめ飾りは歳神様を家の中に案内するためにつけられました。昔は門松に用いる松や、おせち料理やお雑煮を作るための薪を山へ取りに行くという習慣がありました。これを松迎えといいます。

 

歳の市

おかげ横丁では毎年この時期、しめ縄作りや餅つきなど、昔ながらのお正月の支度をする「歳の市」を開催していします。

<伊勢のしめ縄>
しめ縄は、一般的に松の内を過ぎると外されますが、伊勢では一年を通して飾りつけします。 これは昔、伊勢の地を旅していた須佐之男命(スサノオノミコト)が泊まるところがなく、この地に住む将来兄弟の家に宿を求めたところ、 最初に訪れた弟の巨旦将来(こたんしょうらい)は、大変裕福であったにもかかわらずこの頼みを断り、次に訪れた兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は、大変貧しい暮らしをしていましたが快く引き受け、貧しいながらも出来る限りもてなしました。 須佐之男命はこれを大変喜び、一宿の恩返しとして茅の輪を与え、〝後の世に疫病あらば蘇民将来の子孫と云いて、この茅の輪を腰に付けたる者は難を逃れるであろう〟と言い残し旅立ちました。
以来、蘇民家は疫病が流行ってもそれを免れ代々栄えたといいます。 伊勢では、この故事にあやかって「蘇民将来子孫家門」の護り札をしめ縄に付けて、一年中門口に飾り無病息災を願う風習が今に受け継がれています。

 

22日 冬至

<柚子湯>
江戸時代より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入る風習があります。 冬至の日は一年で一番昼間の時間が短くなりますが、この日を境に日照時間は長くなっていきます。これを「一陽来復」 と言い、これから太陽の力が強くなって運気も上がってくると考えられていました。
昔の人々は、何か大事なことをする前や運を体内に取り込む前などに、体を清め厄払いをする禊(みそぎ)を行いました。 禊には、香りの強い植物をもって体内に溜まった邪気を払います。5月5日の端午の節句の「菖蒲湯」と同じく、冬至にも香りの強い柚子が使われるようになりました。 冬至の日に入るのは、その香りで身を清める禊の名残といわれています。

 

宇治橋の日の出

冬至の朝、内宮前には朝日を拝もうとする人々が集まります。ちょうどこの頃、宇治橋の真ん中から太陽が昇るからです。
朝7時過ぎ、ゆっくりとおだやかな陽の光が射し込み、其々が手を合わせます。まさに太陽神が鎮る場所ならではの光景です。

 

いとこ煮のお振る舞い

おかげ横丁では、冬至の日に、お越しになられた皆様に約300杯の「いとこ煮」をお振る舞いしています。

<いとこ煮>
いとこ煮とは、小豆とかぼちゃなどの堅い野菜を堅い順に追い追い(おいおい)入れて煮込むことと、甥甥(おいおい)をかけて付いた名前です。甥と甥、つまり従兄弟(いとこ)を意味します。
冬至に、かぼちゃや小豆を食べる理由は、寒い冬に備えて栄養価の高い食べ物を食べ、風邪をひかないようにという昔の人の知恵です。また、かぼちゃは切らずにそのまま置いていても冬を越せるほど保存がきく野菜なので〝長生き〟 にもつながる。そして、小豆はその見た目の赤さから悪い物を寄せつけない〝厄除け〟になるといった理由で食べられます。

 

31日 大晦日

<年越しそば>
年越しそばを食べる風習は江戸時代中期に定着しました。 もともと「三十日( みそか)そば」と呼ばれ、江戸の商家では、月末に掛売りのお金を集金したり、棚卸しをしたりしたあとの仕事終わりに主人が奉公人に振舞っていました。
これが庶民の間にも広まって、煤払いやお正月の準備をすませた大晦日の夜にそばを食べるようになったといわれています。 また、細長く伸ばして作ることから〝健康長寿〟や〝家運長命〟などの縁起をかついで食べる意味もあるようです。

 

 

風物

季節の行事

<お歳暮>
お歳暮は、年越しの「御霊祭(みたままつり)」で、塩鮭、するめ、数の子、塩ぶり、魚介類の干物などを祖先の霊に供えた名残で、こうした供物を嫁いだ娘や分家の者が本家に持ち寄ったことに始まります。
その後、年末に帰省できない子どもや遠方に住む親戚が、祖先の霊や歳神様に供える供物を本家に贈るようになり、それが日頃お世話になっている親類や上司、取引先などにも贈られるようになりました。もともとお歳暮は、年の暮れを意味する言葉ですが、こうした年末の贈り物の呼び名として定着してきました。

 

季節の食べ物

<野菜>
かぼちゃ、大根、かぶ、白菜、カリフラワー、ごぼう、れんこん、ねぎ、ほうれん草、小松菜
<魚介>
牡蠣、ふぐ、あんこう、たら、きんき
<果物>
柚子、蜜柑、金柑、すだち、橙、りんご

 

季節の花

シクラメン、水仙、千両、椿、ゼラニューム、ポインセチア、山茶花、カトレア

 

朝熊小菜

朝熊小菜(あさまこな)は、伊勢の朝熊山麓でしか作られていない冬限定の名産品です。
アブラナ科の野菜で、秋に植えたものが年末から2月の寒い時期に収穫されます。 厳しい寒さと霜に打たれ柔らかく育った朝熊小菜を塩漬けにし、細かく刻んでご飯に載せます。しゃきしゃきとした歯ごたえとほんのりとした苦みが何とも言えず食が進みます。 

 

御薗大根

御園大根は(みそのだいこん)は、三重ブランドにも認定されている「伊勢たくあん」の原材料。地中での生育日数が、市場に多く出回る青首大根が45日~60日程度に対し、御薗大根は80日~90日間と長く、その分、食物繊維や酵素のジアスターゼが多く、伊勢たくあん特有の歯ごたえや甘み、旨みを作り出します。

 


1月(睦月)

睦月(むつき)

お正月に親族が集まって、仲睦まじく宴をする月であるからといわれています。また、稲の実を初めて水に浸す月を指す「実月(むつき)」から転じたという説もあります。

 

年中行事

1日 元日

「元日」はその年の最初の日、つまり1月1日のことをいいます。法律でも年初の国民の祝日とされており、正式な呼び方として元日が採用されています。
一方、「元旦」は諸説ありますが、1月1日の朝を指しており、元日の朝が元旦というのが本来的な意味のようです。「旦」の字は、地平線または水平線から太陽が登ってくる様子、つまり日の出を表しているといわれています。

 

7日 人日の節句

「人日の節句」は、五節句の一つで中国から伝わりました。「節」は季節の変わり目という意味で、節句は季節の節目に無病息災や五穀豊穣、子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり、邪気を祓う行事です。
古代中国では、1日に鶏、2日に犬、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占う風習がありました。このことから人の日である7日が人日の節句と呼ばれるようになりました。
中国では人日の節句に7種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べる習慣があり、この習慣が日本に伝わりました。最初は7種類の穀物を使った塩味のついた「七種粥」が食べられようになりました。その後日本に元々あった、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習と結びついて七草粥になったといわれています。
平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代には江戸幕府の公式行事となりました。また、江戸幕府がこの日を祝日にしたことで、七草粥を食べる風習が庶民の間でも定着しました。

 

七草粥

七草粥は、人日の節句の朝に食べられる日本の行事食で、春の七草を具材とする塩味のお粥です。

おかげ横丁のすし久では、毎年1月7日に七草粥をお召し上がりいただけます。

<春の七草>
芹(せり)・・・水辺の山菜で香りがよく、食欲を増進する。
薺(なずな)・・・別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
御形(ごぎょう)・・・別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果があるとされました。
繁縷(はこべら)・・・目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなりました。
仏の座(ほとけのざ)・・・別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
菘(すずな)・・・蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
蘿蔔(すずしろ)・・・大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

 

11日 鏡開き

「鏡開き」は、江戸時代に武家の間で広まっていきました。お正月に歳神様にお供えした鏡餅を食べるのには、神様との繋がりを強め、神様の力を頂けると考えられていました。
鏡開きは、一般的に「松の内」の後に行います。松の内とは、門松を飾っておく期間を指し、その間は歳神様が家にいると考えられています。この松の内は、昔は元日から1月15日とされていたため、鏡開きは1月20日に行われていました。しかし、徳川家光が4月20日に亡くなったのをきっかけに、20日を忌日として避けるようになり、これに伴って鏡開きの日も1月20日から1月11日に変更されました。そして、松の内も1月7日までと期間が短縮されました。
鏡開きはもともと武家から始まった行事なので、鏡餅に刃物を使うことは切腹を連想させるので禁物でした。そこで、手か木槌などで割ることになりましたが、〝割る〟という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する〝開く〟を使って鏡開きというようになりました。

 

ぜんざいのお振る舞い

おかげ横丁ではこの日、お正月中に各お店で飾っていました鏡餅を開き、それでぜんざいを作りお越しになられた皆様に約300杯お振る舞いしています。

 

15日 小正月

「小正月」とは、今の時代の1月15日のことを指します。昔の人は満月から次の満月までを1ヶ月とする月の暦を使っていて、1年で始めての満月の日、1月15日を今でいうお正月として祝っていました。これが小正月の由来です。
改暦後は元旦を「大正月」、15日を小正月と呼ぶようになり、小正月をもって正月の行事が終わるとされています。小正月は、大正月が歳神様を迎える行事に対して、豊作祈願など家庭的な行事が多いのが特徴です。また、暮れからお正月にかけて忙しく働いてきた主婦が家事から解放され、小正月に一息つくことができたことから「女正月」ともいわれていました。
<餅花>
小正月に飾るもののなかに「餅花」があります。大正月には門松を飾りますが、小正月には餅花などを飾ります。これは、豊作の予祝の大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。餅や米の粉を団子状に丸め、ミズキやヤナギの木の枝に花のように飾りつけ、五穀豊穣や商売繁盛を願います。
<小豆粥>
小正月の行事食として、15日の朝食に小豆粥を食べるという習慣があります。小豆の赤い色には邪気を祓う力があるとも考えられ、小豆を食べることにより家族が1 年間健康に過ごせるように願って食べられます。
<左義長>
「左義長」とは、1月15日の夜に行う火祭りです。「毬杖(ぎちょう)」という青竹を組んだ上で役目を終えた正月飾りなどを焼いたことに由来しますが、一般的に「どんど焼き」とも呼ばれます。元々は悪霊祓いの儀式として行われていましたが、今ではその年の歳神様を送る為に火を炊きあげるという意味になっています。また、その火を使って餅などを焼いて食べると1年間病気をせず、健康でいられるともいわれています。そして、この行事をもって正月が終わりを告げます。

 

 

風物

季節の行事

<寒の水>
小寒と大寒の期間(1月5日〜2月3日頃)を「寒」といい、一年で一番寒い時期とされています。この時期に汲まれた水が「寒の水」です。一年で一番寒いこの時期の水は質が最も良く、寒の水は柔らかな味でいつまでも腐ることなく保存出来るといわれました。
寒の時期に作られた味噌や醤油、酒は「寒仕込み」と呼ばれて珍重されますが、いつまでも腐ることのない良質な寒の水は、長期保存の必要な味噌や醤油の製造にも適していて、またその柔らかな味わいが酒の味を良くするとも考えられています。

 

季節の食べ物

<野菜>
かぶ、白菜、水菜、れんこん、春菊、大根、人参、ねぎ、ほうれん草、カリフラワー、ごぼう、小松菜、ブロッコリー
<魚介>
あんこう、たら、ひらめ、ふぐ、ぶり、海老、蟹、牡蠣、しじみ、きんき、はまぐり、いわし
<果物>
金柑、みかん

 

季節の花

梅、シクラメン、水仙、福寿草、千両、シンビジューム、山茶花、南天、葉牡丹

 

伊勢一刀彫(いせいっとうぼり)

伊勢一刀彫は、江戸時代から伝わる技法で、20年ごとに行われる伊勢神宮の式年遷宮の御造営に携わる宮大工の余技として恵比寿大黒などを彫り始めたのが起源といわれています。伊勢一刀彫は檜や楠などの直方体の素材から彫り進めて形作っていきます。木の素朴な風合いの中に刀痕の力強さと手作りの温かみを感じます。
現在では、伊勢神宮で新年に授与される「干支守」などが作られています。


 

2月(如月)

如月(きさらぎ)

寒さのために、更に着物を重ねて着るので「衣更着(きさらぎ)」から転じたという説もあります。

 

年中行事

3日 節分

「節分」とは〝季節を分ける〟という意味があります。季節を分ける日は一年に4回あり、春夏秋冬それぞれに始まりの日が決められています。春は立春、夏は立夏、秋は立秋、冬は立冬と呼ばれています。この春夏秋冬のそれぞれが始まる日の前日が節分です。特に江戸時代以降は、立春の前日を指すようになりました。これは、太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日としていました。この月の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていて、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことに繋がります。

 

豆まき

節分には神社や寺院、一般家庭でも、災いを象徴する鬼を豆で打って追い払う豆まきが行われます。古くは室町時代の京都でも〝鬼は外、福は内〟という言葉とともに行われていたことが文献に見られます。民家では節分の晩に大豆を煎り、これを升に入れて神棚に供えたのちに、一家の主人が〝鬼は外、福は内〟と唱えながら家の出口や各部屋に撒いていきます。撒き終わると、それぞれ自分の年齢の数(もしくはそれに一つ加えた数)の豆を食べます。この豆を年豆などといい、これを食べると病気をしないと言われています。

おかげ横丁では毎年この時期に「節分の市」を開催。節分の日には、町に現れたいたずら鬼を子どもたちが豆をまいて追い払う「子供鬼やらい」が行われます。

 

4日 立春

<立春大吉>
「立春大吉」とは、禅宗の一派である曹洞宗のお寺で立春の日の早朝に門に貼られるお札のことで、それには立春大吉と書かれています。これは昔、鬼が玄関から入ろうとした時、立春大吉と書かれているお札を見ましたが、門を潜り振り返った時に再び立春大吉のお札を見て、鬼は〝あれ?門をくぐってなかった?〟と勘違いをし、そのまま外へ出て行ってしまい、その家は無事にすみました。それは、立春大吉という文字が左右対称であり、縦書きにすると表から見ても裏から見ても同じに読めるからです。それで、鬼は既に門に入っているのに、 裏から立春大吉の文字を見て勘違いして出て行ったというわけです。 この言い伝えから、立春大吉のお札を貼っていると、一年を無事に過ごすことができるという意味をもつようになったといわれています。
この立春大吉のお札は、そのお寺の檀家に配られ、お札を頂いた家は、お寺と同様に自宅の玄関に貼ります。今では、一般の人でも自分で立春大吉のお札を書いて家に貼るという方もいますが、このお札や風習のことが、一般的には立春大吉と呼ばれています。

 

9日 初午

「初午(はつうま)」は、2月最初の午の日(2020年は2月9日)。この日は稲荷神のお祭りで、全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。
稲荷神社は全国に約4万社あり、京都市伏見区の伏見稲荷大社が総本社で、和銅4年(711年)の2月の最初の午の日に、祭神が稲荷山(伊奈利山)の三箇峰に降りたという故事から、稲荷神を祭る祭事が行われるようになったとされます。
また、稲荷神の使いとされるキツネには、油揚げやいなり寿司が供えられますが、そこにも理由があります。キツネの好物はネズミですが、殺生は良くないことからネズミの代わりに大豆でできた油揚げを供えるようになりました。それがやがて、油揚げに稲荷神のおかげでもたらされた米(酢飯)を詰めるようになり、「お稲荷さん」と呼ばれて親しまれるようになりました。
ただ、東西でいなり寿司の形状が違います。東日本では、米俵に見立てた俵型をしていますが、西日本では、キツネの耳に見立てた三角形が主流です。そして、東日本ではいなり寿司、西日本ではお稲荷さんと呼ぶ傾向が強いようです。

 

 

風物

季節の行事

<恵方巻>
関西では、節分の日に「恵方巻」という太巻き寿司を食べる習慣があります。その年の縁起の良い方角(恵方)を向き、太巻き寿司を切らずに丸ごと1本、そのまま目を閉じて願い事を思い浮かべながら食べます。食べている間は、無言でなければいけません。太巻き寿司を切らずに、丸ごと1本かぶりつくことから「丸かぶり寿司」とも言います。
丸かぶりの習慣は古くから花柳界でもてはやされていましたが、大阪の老舗「本福寿司」などが中心になって商売に結びつけたのが、この習慣が広がるきっかけとなりました。最近では、飲食業界が販売キャンペーンを行ったり、メディアでも紹介されるようになったことから、全国に普及しつつある習慣です。

おかげ横丁では「節分の市」を開催中に、太巻き寿司などを入れた特別料理を各料理店でご用意しています。

 

季節の食べ物

<野菜>
かぶ、白菜、水菜、れんこん、春菊、大根、人参、ねぎ、ほうれん草、カリフラワー、ごぼう、小松菜、ブロッコリー
<魚介>
あんこう、ふぐ、ぶり、帆立貝、きんき、はまぐり
<果物>
金柑、みかん、伊予柑、八朔

 

季節の花

梅、クロッカス、山茶花、シクラメン、ふきのとう、雪割草、椿、福寿草、侘助、南天、節分草、金魚草、マーガレット、猫柳


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status