伊勢内宮前 おかげ横丁

神恩太鼓

 

 

 

 

神恩太鼓は、神々の里 伊勢の地にてその風土をいっぱいに感じながら、おかげ横丁の基本精神である、今あることを神様に感謝する「神恩感謝」の精神を太鼓の音で表現しようと日々努めています。

1992年 伊勢神宮内宮前おかげ横丁の誕生とともに結成。
2012年 翌年に控えた式年遷宮に向け、打ち手を一新。現在に至る。
一年の約半分をおかげ横丁の中心にある「太鼓櫓」で演奏しています。

2016年6月より月に一度、演奏の指導を鼓童の見留知弘氏に仰ぐことになりました。

 

神恩太鼓 楽曲

心弾む(こころはずむ)

伊勢の食材を堪能し、お土産を買って、射的で遊ぶ。美味しい、嬉しい、楽しい、おかげ横丁。太鼓を聞いて心が弾む。

 

天空(てんくう)

雲の間から太陽の光が差し、太鼓の音が伊勢の大空をかけ巡る様を表現しています。

 

神風(かむかぜ)

山、川、海、自然に囲まれた風光明媚なこの伊勢の地に時に強く、時に優しく吹き抜ける風を表現しています。

 

伊勢の響(いせのひびき)

神恩感謝の町、おかげ横丁の真ん中、太鼓櫓から感謝の思いと「五穀豊穣」「天下泰平」の祈りを届けます。

 

鳳仙花(ほうせんか)

ハレの日の心情に相応しい明るいメロディと、鳳仙花の種のように弾けるリズム。人間が本来持っている楽しげな雰囲気を表現しています。

 

音祝ぎ(おとほぎ)

音祝ぎとは、元々「言祝ぎ(寿)」という言葉から来ています。言祝ぎとは言葉によって祝うこと。
現在の幸福をよろこび、神様に感謝し、めでたい言葉によって将来の幸福を神様に祈れば、それが実現されると信じられてきました。
我々は言葉ではなく、太鼓の音によって皆様の幸せを祈りたく、音祝ぎと名付けました。ハレの日に、言葉ではなく音で真剣に祝いたいという思いを込めています。

 

  • 演奏スケジュール
  • 神恩太鼓メンバー
  • Facebookもチェック

(C) Copyright 2000-2018 ISEFUKU. All rights reserved.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status