▲Page
Top
Menu

6月(水無月)

水無月(みなづき)

水無月の「無」は「の」にあたる連体助詞なので、水無月は「水の月」という意味になります。
田植えが済んで、田に水を張る時期であることから水無月(水の月)になったといわれています。

 

年中行事

30日 夏越の祓

「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、旧暦の6月30日に行われます。年に二つある神事「大祓(おおはらえ)」のうちのひとつで、大祓とは、イザナギノミコトの「禊祓(みそぎはらい)」を起源とする神事であり、701年には宮中の年中行事として定められていたようです。
心身に溜まった穢れや厄災を祓い清める儀式であった大祓は、毎年12月31日と、それまでの一年を半分にした6月30日に執り行われていました。12月31日の「年越の祓(としこしのはらえ)」に対して6月30日は「夏越の祓」と呼ばれます。また、夏越の祓は神社の境内につくられた茅の輪をくぐって罪や穢れを落とすため、「茅の輪くぐり」とも呼ばれています。
つまり、夏越の祓は今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。茅の輪くぐりは、全国各地の神社で行われており、夜店が出て賑わうところもあり、夏祭りのひとつとして楽しまれたりしています。

おかげ横丁でも、毎年この時期に開催する『おかげ横丁 夏まちまつり』において、茅の輪くぐりをしていただけます。

<茅の輪くぐり>
茅の輪とは、茅(ちがや)という草で編んだ輪のことです。茅の輪のくぐり方は、神社によって異なりますが、「神拝詞(となえことば)」を唱えながら、8の字に3度くぐり抜けるのが一般的です。もっとも基本的だと思われる茅の輪のくぐり方は、以下のようになります。

「1周目は正面でお辞儀して、左足で茅の輪をまたぎ、左回りで正面に戻る。」 
「2周目は正面でお辞儀して、右足で茅の輪をまたぎ、右回りで正面に戻る。」
「3周目は正面でお辞儀して、左足で茅の輪をまたぎ、左回りで正面に戻る。」

そして、神拝詞(となえことば)の代表的なものは以下のようなものです。

「祓い給へ(はらいたまへ)、清め給へ(きよめたまへ)、守り給へ(まもりたまへ)、幸え給へ(さきわえたまへ)」

また、もともと茅の輪くぐりは、日本神話に基づいているといわれています。
昔、一人の旅人が現れ、ある兄弟に一夜の宿を乞いました。弟は裕福であるにもかかわらず旅人を冷たく断りましたが、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも手厚く旅人をもてなしました。実はこの旅人はスサノオノミコトで、一宿のお礼に蘇民将来へ厄災を祓う茅の輪を授けました。蘇民将来は、スサノオノミコトの教えに従い茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ子々孫々まで繁栄したということです。
この故事に基づき、茅の輪くぐりをしたり、家の玄関に蘇民将来のお札をつけたりするようになりました。

 

 

 

風物

季節の行事

<衣替え>
季節によって天気や気温が変化する日本では、季節ごとに衣類や持ち物を替えて来ました。特に夏冬の季節の変わり目に衣類を改めることを「衣替え」といいます。
制服などについては、一般的に6月1日と10月1日が衣替えの日となっています。これは、もともと中国の宮廷で旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えていた習慣が始まりで、日本へは平安時代頃に伝わり、室町時代から江戸時代にかけて、四季に合わせて式服を替える習慣が定着しました。当初は、貴族社会だけの習慣で、年に2回夏装束と冬装束に替えるだけでしたが、江戸時代の武家社会では年に4回になり、期間も着るものも下記のようにそれぞれ定められていました。

「4月1日から5月4日までは、袷(あわせ)という裏地付きの着物を着用」
「5月5日から8月末までは、帷子(かたびら)という裏地なしの単衣仕立ての着物を着用」
「9月1日から9月8日までは、また袷を着用」
「9月9日から3月末までは、綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)を着用」

その後、明治維新で新暦が採用されると、夏服は6月1日〜9月30日、冬服が10月1日〜5月31日となりました。 学校や官公庁、制服のある会社などは、現在もこの日をめどに衣替えを行っています。

 

季節の食べ物

<野菜>
春菊、玉ねぎ、アスパラガス、きゅうり、トマト、オクラ
<魚介>
サワラ、アジ、カツオ、 穴子、イサキ、ハモ、マス、アユ、アワビ、キス
<果物>
さくらんぼ、すいか

 

季節の花

アジサイ、サツキ、ツユクサ、ドクダミ、ハナショウブ、ラベンダー、バラ、ユキノシタ、カラー、クチナシ、シロツメクサ、 ミズバショウ、ユリ、ツキミソウ、サルスベリ


7月(文月)

文月(ふみづき)

七夕の行事で、短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈ったことに因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。また、穂が見えるようになる頃であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

 

年中行事

7日 七夕の節句

7月7日は五節句の一つで、7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といいます。
七夕の節句は、中国伝来の「七夕伝説」と「乞巧奠(きっこうでん)」に、日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説や、お盆前の清めの風習などが結びついて、現在のようなかたちになりました。
七夕伝説とは、天の川の西岸に住む機織りの名手・織姫と、東岸に住む働き者の牛使い・彦星が、織姫の父親である天帝のすすめで結婚したところ、仲睦まじくするばかりで二人とも全く仕事をしなくなってしまいました。これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしましたが、今度は悲しみに明け暮れるばかりで働かなくなってしまいました。そこで、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限って再会することが許され、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度、再会するようになったというお話しです。
この七夕伝説の織姫と彦星の逢瀬を祝い、織姫にあやかり機織りなどの技芸の上達を願い、巧みになるように乞う祭りと言う意味の乞巧奠が中国で催されるようになりました。
奈良時代に乞巧奠が伝わると、貴族は庭に祭壇を設けて供物を供え、梶の葉に和歌を綴ったり、七本の針に五色の糸を通して裁縫の上達を祈ったり、角盥にはった水に星を映して眺める「星映し」などを行うようになりました。また、里芋の葉を天帝の水を授かる傘ととらえ、里芋の葉に溜まった夜露で墨をすって文字を書くと、願いが叶うとされています。
乞巧奠が七夕の節句に変化していきましたが、もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の棚機つ女の伝説に由来します。
棚機つ女とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。
七夕の行事には、水が関係しています。これは、天の川との結びつきだけではなく、お盆前の清めの風習にも関係しているからです。旧暦のお盆は7月15日なので、7月7日はお盆の準備をする頃にあたり、お盆前に身を清めたり、井戸をさらって梅雨どきにたまった不浄を清めるなどの習わしがありました。今でも「七日盆」(なぬかぼん)といい、 墓掃除をしたり、仏具を洗ったり、墓参りの道を掃除したりする習わしが残っています。 やがてこれらが結びつき、江戸時代に七夕の節句が五節句のひとつに定められると、人々に親しまれるようになってい きました。七夕の後、七夕飾りを川や海に流す風習を「七夕流し」といい、七夕飾りが天の川まで流れ着くと、願い事が叶うといわれています。

おかげ横丁でも、毎年この時期に『おかげ横丁 七夕の節句』を開催しています。

 

 

 

 

風物

季節の行事

<土用>
土用は、中国伝来の五行説による「木・火・土・金・水」を四季にあてはめたもので、春=木、夏=火、立春・立夏・立秋・ 立冬前の約18日間=土、秋=金、冬=水、となります。つまり、季節ごとに土用があるので、土用は年に4回あります。
昔からそれぞれの日にちに十二支を割り当てていますが、土用の約18日間にめぐってくる丑の日を「土用の丑の日」といいます。やはり季節ごとに土用の丑の日がありますが、今ではもっぱら夏の土用にめぐってくる丑の日をさすようになりました。そして、土用は約18日間あるので、日にちを十二支で数えれば、土用の丑の日が2度巡ってくる年もあります。そこで1度目を「一の丑」、2度目を「二の丑」と呼んでいます。
また、土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。その由来は諸説ありますが、江戸時代、知人のうなぎ屋から宣伝を頼まれた平賀源内が、最も暑い期間であるこの土用の丑の日に「う」のつく、うなぎを食べると良いという宣伝を考えました。うなぎを食べてスタミナをつけようという事と、丑の「う」 とうなぎの「う」をかけたこの企画が見事に当たり、この宣伝によってうなぎ屋は大繁盛しました。これが、現在まで長く続く風潮になりました。
昔は、季節の変わり目にさまざまな禁忌や風習がありました。特に夏の土用は梅雨明けと重なるため、衣類や調度品などの湿気をとる「土用の虫干し」をしたり、梅干し・うどん・うりなど「う」のつくものを食べて食い養生をしたりするようになりました。うなぎもまさに「う」のつく食べ物として親しまれたわけです。

 

季節の食べ物

<野菜>
アスパラガス、きゅうり、トマト、かぼちゃ、とうがん、とうもろこし、ピーマン、オクラ、なす、マッシュルーム、さやえんどう、 ミョウガ、枝豆
<魚介>
あじ、かつお、穴子、いさき、はも、ます、あゆ、うなぎ、すずき、黒鯛、ひらまさ
<果物>
すいか、プラム

 

季節の花

アジサイ、クチナシ、キキョウ、ヒマワリ、ベゴニア、スイレン、トルコギキョウ、ゼニアオイ、ホウセンカ、アサガオ、ダリア、 サルスベリ、キョウチクトウ、シロツメクサ、ノウゼンカズラ


8月(葉月)

葉月(はづき)

葉が紅葉して落ちる月「葉落月(はおちづき)」が転じて葉月となったいわれています。

 

風物

季節の行事

<お盆>
お盆は、先祖の霊を迎える日です。昔、亡くなった人は7月15日(旧暦)に帰ってくるとされていました。新暦では 8 月の半ばにあたるため、この頃にお盆の行事を行うところがほとんどです。
お盆の行事は、仏教の開祖であるお釈様の弟子が地獄に落ちた母親を救うため、7月15日に霊を供養したというのがそもそもの起源です。
お釈様の弟子のひとり、目連尊者(もくれんそんじゃ)は神通力によって亡き母が地獄に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。どうしたら母親を救えるか、お釈様に相談したところ、お釈様は〝夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことができるであろう〟といわれました。目連尊者がその教えのままにしたところ、その功徳によって母親は極楽往生が遂げられたということから、 精霊を供養する「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の行事が生まれたといわれています。この盂蘭盆会の行事が日本の祖霊信仰と融合し、日本独自のお盆の風習がつくられていきました。
日本で最初にお盆を行ったのは推古天皇で、今から1400年も前の飛鳥時代です。その後長い間、貴族や僧侶だけが 行う特別な行事でしたが、江戸時代に入ると、ろうそくや提灯が大量生産されたこともあって、一般の人にも定着していきました。
一般的なお盆の期間は、8月13日から16日まで。地方によって違いがあり、東京や函館などでは7月に、沖縄などでは旧暦の7月15日に行われています。

 

季節の食べ物

<野菜>
トマト、ゴーヤ、オクラ、とうがん、かぼちゃ、とうもろこし、枝豆、なす
<魚介>
あじ、車海老、いさき、あわび、舌平目、すずき、いわし
<果物>
すいか、桃、いちじく

 

季節の花

ヒマワリ、月見草、サルスベリ、朝顔、ヒャクニチソウ、ヤマユリ、ゼニアオイ、リンドウ、シロツメクサ、ノウゼン カズラ

 


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status