▲Page
Top
Menu

好きなもの・欲しかったものを探す

おかげ犬

「伊勢に行きたや 伊勢路が見たや せめて一生に一度でも」と、江戸時代、庶民の間に巻き起こった「おかげ参り」。わずか50日の間に数百万もの人々がここ伊勢の地を訪れました。しかし、中には病気などで寝込んでしまい、お参りに行きたくても行けない人もいました。
そんなご主人の代わりに伊勢に参ったと言われているのが、「おかげ犬」。近所で「おかげ参り」に行くという人たちに連れられて一緒に旅をしたそうです。
おかげ横丁では、そんな「おかげ犬」をモチーフにした商品を揃えております。

 

  • おかげ犬の陶器製の置物です。中にはおみくじが入っていて、おみやげにも大人気です。

    360円(税込)

    おみやげや

 

  • 充分に小銭が入るマチです。
    表はおかげ犬の顔、裏は「おかげまいり」ののぼりを持ったおかげ犬がかわいらしくデザインされています。

    大1,100円(税込)、小880円(税込)

    おみやげや

 

  • 「おみやげや」で人気のお守りです。お守りの中には犬を模った木札が入っています。

    440円(税込)

    おみやげや

 

 

伝統工芸品

「伝統工芸品」とは、定められた要件を全て満たし、伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づく経済産業大臣の指定を受けた工芸品のことをいいます。
 三重県では、郷土の風土と歴史の中で育まれ、人々の日常生活と密着して維持されてきた伝統工芸品5品(伊賀くみひも、鈴鹿墨、伊賀焼、四日市萬古焼、伊勢型紙)が、「国の伝統的工芸品」として指定されています。
また、三重県内において製造され、産地規模が小さいことなどにより、国の指定を受けることのできない工芸品で、主として日常生活の用に供されるものであること。その製造工程の主要部分が手工業的であること。伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。県内の一定の地域において、一定期間製造されていること。この要件を満たすものが「三重県の指定伝統工芸品」に指定されています。現在指定されている工芸品は、33品目です。

 

  • 「くみひも」は、絹糸を主に金糸・銀糸などを使い伝統的な手法で繊細な美しさを持つ紐にくみ上げられたものです。その「ひも」の歴史は織物より古いと言われ、昔から人々の生活に密着しています。

    くみひも平井

     

 

  • 延暦年間(782~805年)鈴鹿の山々で産した松脂を燃やして煤を取り、墨を作ったと伝えられています。
    現在も植物油煙を原料に、昔ながらの製法で作られ、墨のよい匂いはジャコウなどの香料によるものです。

    神路屋

 

  • 松阪木綿は、正藍染めの糸を使い、洗うほどに深みを増す藍の青さを連ねた縞模様と素朴な風合いが魅力です。その昔、縞模様の柄は粋を好む江戸の庶民に人気を博しました。

    もめんや藍

 


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status