▲Page
Top
Menu

伊勢志摩の美味しいものを味わう

伊勢海老

伊勢海老の名称が初めて記された文献は、1566年言継卿記の日記『言継卿記』と言われています。
江戸時代には、井原西鶴が『日本永代蔵』や『世間胸算用』で、江戸や大阪で諸大名などが初春のご祝儀とするため、伊勢海老がきわめて高値で取引されていたと書かれています。
伊勢海老という名の語源は、伊勢が伊勢海老の主産地の一つとされていたことに加え、磯に多くいることからイソエビからイセエビになったという説があります。
伊勢海老を正月飾りとして用いる風習は現在も残っています。伊勢志摩では、正月の鏡餅の上に載せるなど、祝い事の飾りつけのほか、神饌としても用いられています。

 

  • 活伊勢海老は、ご注文いただいてから生簀より引き上げ調理(お造り又は、焼き)いたします。
    大きいサイズも入荷する場合がございます。店舗へお訪ねください。

    4,000円(税込)から

    海老丸

 

  • 三重県産伊勢海老を丸ごと1尾使用し、身は漬けに、頭は伊勢海老汁にと、伊勢海老を丸ごと味わっていただけます。

    3,570円(税込)

    海老丸

 

 

牡蠣

牡蠣はウグイスガイ目イタボガキ科に属するニ枚貝の総称で、世界中に約100種類、日本沿岸にも約20種類が分布しています。
牡蠣は、その高い栄養価から「海のミルク」とも言われます。そのまま生で食べるのも美味しいですし、焼いたり、フライにしたり、炊き込みご飯やカレー、パスタまで幅広く料理に使われます。また、オイスターソースや牡蠣醤油などの調味料の他、貝殻も、肥料、薬用、化粧品、顔料、建築資材など様々なことに利用されています。
私達が食用としている牡蠣は、マガキ属に属すものが大半で、秋から旬を迎える真牡蠣をはじめ、夏が旬の岩牡蠣などもマガキ属です。そのほか瀬戸内海地方の名産品であるイタボガキ、フレンチ料理で利用されるヨーロッパヒラガキなど、イタボガキ属に分類される牡蠣も人気ががあります。
牡蠣は、食用に適した時期と、食べられない時期に分かれる魚介類としても知られています。これは産卵期になると精巣と卵巣が増大するため。真牡蠣の場合は秋~冬が旬で、「花見を過ぎたら牡蠣を食うな」という言葉があるように夏は食用に適さない時期となっています。しかし、流通や冷凍技術が発達した現代では通年、牡蠣が食べられるようになりました。

 

  • 鳥羽市浦村町産の「浦村かき」です。養殖されている生浦湾は波が非常に穏やかで、多くの川が注ぎ込むことから、牡蠣の餌であるプランクトンが豊富にあり、牡蠣の養殖に適した場所であるといえます。「浦村かき」の生産量は三重県の3分の2を占めます。春に種付けをしてその年の10月には収穫できることから1年牡蠣と呼ばれます。1年牡蠣は臭みが少なく、さわやかな味わいが特徴です。(カキフライ5個、焼牡蠣2個、小鉢、ご飯、味噌汁、漬物)

    1,710円(税込)

    伊勢角屋麦酒

 

  • 牡蠣づくしのおすすめ定食です。
    土手のように鍋の周りに塗りつけた味噌をくずしながらお好みの味に煮込みます。(土手鍋、焼牡蠣2個、カキフライ2個、しぐれ煮、うどん、小鉢、ご飯、漬物。)

    2,090円(税込)

    伊勢角屋麦酒

 


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status