▲Page
Top
Menu

3月(弥生)

弥生(やよい)

草木がいよいよ生い茂る月という意味で、「弥」には、いよいよ、「生」には、生い茂るという意味があります。

 

年中行事

3日 ひなまつり

3月3日のひなまつりは、ひな人形を飾り女の子の健やかな成長を願う行事です。他に「上巳の節句」や「桃の節句」とも呼ばれています。
ひなまつりは、300年頃の古代中国で行われていた「上巳節(じょうしせつ)」が起源になります。上巳とは3月上旬の最初の巳の日という意味で、その当時、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に川で穢れを祓う習慣がありました。そして、この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられ、日本の禊(みそぎ)の神事と結びつきました。
最初は、天皇のためにお祓いをしていましたが、平安時代に宮中行事に変わり、上巳の祓いとして人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川へ流すようになりました。 今でもこの名残が一部の地域で「流し雛」として残っています。
やがて、これが武家社会に広がり、江戸幕府によって上巳の節句が五節句のひとつに定められると、5月5日の「端午の節句」が男の子の節句であったため、3月3日は女の子の節句となり、それが定着していきました。 また、桃の節句という別名は、桃の花が咲く頃に重なるというだけでなく、桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。
その後、人形(にんぎょう)作りの技術が発展するにつれ、人形は流すものから飾るものへと変化し、内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行しました。こうして、現在のように女の子の幸せを願ってひな人形を飾るようになり、 ひなまつりとしてお祝いをするようになりました。

おかげ横丁でもこの時期、ひなまつりを開催しています。毎年大人気の「お雛さまに大変身」では、女の子は十二単風の衣装を身につけて、男の子は黒烏帽子に狩衣 ( かりぎぬ ) 風の衣装で記念撮影ができます。

 

 

行事食

<はまぐり>
はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています。
<ちらし寿司>
平安時代には現在のお寿司の起源とも言われている「なれ寿司」に、海老や菜の花をのせて食べられていたようです。 それが現代に受け継がれていくうちにより豪華で見栄えのするものを求めるようになり、ちらし寿司へと変化していったと言われています。
ちらし寿司に使われる具材は、海老(腰が曲がるまで長生きできる)、れんこん(先が見通せる)、豆(健康でまめに働ける) などの縁起の良いものや、菜の花、三つ葉、玉子、人参などを使って彩りを良くし、春を思わせるような華やかなちらし寿司がひなまつりの定番となりました。
<菱餅>
菱餅の起源は、古代中国の上巳節で食べていた母子草(ははこぐさ)という草餅で、母と子が健やかであるようにという願いが込められていました。それが日本では蓬(よもぎ)を使うようになり、さらに江戸時代に菱を入れた白い餅、明治時代にくちなしを入れた赤い餅が加わって三色となりました。 三色にはそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑(蓬)は健康という意味があり、さらに「雪(白)が解け、新芽(緑)が芽吹いて、 やがて桃(赤)の花が咲く」というように春を表していると言われています。

 

20日 春分の日

太陽の黄経が0度になる日をいい、太陽暦で3月20〜21日頃。この日、太陽の中心が春分点を通過、太陽はほぼ真東から出て、ほぼ真西に入り、昼夜の長さがほぼ等しくなります。
「自然を称え、将来のために努力する日」と法律で定められた祝日です。

 

 

風物

季節の行事

<彼岸>
春分の日を中日とした前後3日、合計7日間を彼岸といいます。秋にも秋分の日を中日とした彼岸があるため、春の彼岸(春彼岸)、秋の彼岸(秋彼岸)などと呼び分けることもあります。
彼岸にはお墓参りをする風習がありますが、その理由は、太陽が真東から昇って真西に沈むため、西にあるとされるあの世と東にあるとされるこの世が最もつながりやすいと考えられているからです。
また、春の彼岸には「牡丹餅(ぼたもち)」を食べますが、この頃に咲く牡丹の花にちなんで名付けされました。

 

季節の食べ物

<野菜>
水菜、うど、たけのこ、菜の花、ほうれん草、キャベツ、春菊、三つ葉、ごぼう
<魚介>
あんこう、はまぐり、さわら、にしん、いいだこ、甘鯛、白魚、ひらめ
<果物>
いちご

 

季節の花

シクラメン、ジンチョウゲ、椿、雪柳、ヒヤシンス、ラナンキュラス、パンジー、タンポポ、ツクシ、なずな、桃、アシビ、ストッ ク、猫柳、こぶし、スミレ


4月(卯月)

卯月(うづき)

卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したもの。 または、十二支の4番目が「卯(うさぎ)」なので卯月いわれるようになったという説もあります。

 

風物

季節行事

<花見>
日本の花見は奈良時代の貴族の行事が起源だと言われています。元々は中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていましたが、平安時代になってから桜に代わってきました。平安の貴族は桜の花に心を躍らせ、桜を愛でては歌を詠み、宴を開いて楽しむようになりました。
また、農民にとって花見は豊作祈願の行事でした。古来より、田の神様は冬になると山へ行き、春になると里へ降りると考えられていました。桜の「さ」は早苗、早乙女、皐月などと同じように稲や田の神様をさし、「くら」は神様の座る場所という意味で、春になっておりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜のもとで田の神様をもてなし、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていました。
やがて江戸時代になると、春の行楽として花見が庶民の間にも広がり、酒を酌み交わす花見になっていきました。三代将軍家光が上野に桜を植え、八代将軍吉宗が隅田河畔や飛鳥山を桜の名所にし、花見の場も増えました。
さらに、園芸が盛んなこの時代に品種改良が進んだことで、身近な場所で花見が楽しめるようになりました。 桜は約10種類の原種をもとに、それらの交配種で100種以上が野生化し(野生種、自生種を「山桜」といいます)、人の手で栽培されたものが300種以上もあります(栽培品種、園芸品種を「里桜」といいます)。 また、「八重桜」は里桜の八重咲きの品種の総称です。

山桜(ヤマザクラ)
「一目千本」とも言われる吉野山の山桜。花と葉が同時に開きます。古くから山に自生しており、昔のお花見は山桜でした。特に吉野山(奈良県)の山桜が有名です。

大山桜(オオヤマザクラ)
花と葉が同時に開きます。花が大きく紅紫色なので、紅山桜とも呼ばれます。また、寒さに強く北海道に多いので、蝦夷山桜とも言います。

大島桜(オオシマザクラ)
大島桜は染井吉野のお母さんです。花と葉が同時に開きます。伊豆地方に自生しており、花が大きく香りも良い。丈夫で成長が早いので、染井吉野など多くの里桜の母種になっています。桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたものです。

霞桜(カスミザクラ)
花と葉が同時に開きます。白っぽい色をしているので霞がかかったようだとその名がつきました。

江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)
巨木や名木の多くが江戸彼岸桜。花が咲いた後に葉が出ます。お彼岸の頃に開花するのでその名がつき、枝が長く垂れる「枝垂れ桜」は江戸彼岸桜の園芸品種です。とても丈夫で長寿なので各地に巨木や名木があり、日本三大桜も江戸彼岸桜の系統です。

豆桜(マメザクラ)
豆桜は、その名の通り花が小さく、花が咲いた後に葉が出ます。花が小さく、挿し木でも育つので盆栽としても人気です。

緋寒桜(ヒカンザクラ)
緋寒桜は早春から咲き出します。花が咲いた後に葉が出ます。早春の寒い頃から開花し、濃いピンク色をしています。 釣鐘のように垂れ下がって咲き、花びらがくっついたまま落花します。彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違えやすいため、 寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれることも多い。

河津桜(カワヅザクラ)
早咲きの河津桜はメディアによく登場します。花が咲いた後に葉が出ます。大島桜と緋寒桜の自然交配種で、静岡県河 津町で発見されたことに由来。1月下旬から咲き出し、およそ1か月咲いているため、話題になることが多い。

染井吉野(ソメイヨシノ)
日本の桜のおよそ8割が染井吉野です。江戸時代末期に、染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が、大島桜と江戸彼岸桜を交配して作り出したもので、当初は桜で名高い奈良県吉野にあやかり「吉野桜」という名でしたが、吉野山の山桜と間違えやすいため「染井吉野」と改名されました。
この新品種が国民的人気を得たのは、大島桜の華やかさを、花が咲いたあとに葉が出てくる江戸彼岸桜の特徴が引き立ててくれたためで、父母の利点を上手く受け継ぐ逸品だったのです。さらに、十年ほどで立派な木に成長するため、明治時代に全国の学校、公園、沿道、河川沿いなどに次々と植えられ、主流となっていきました。
現在、日本の桜のおよそ8割は染井吉野で、最もポピュラーな桜です。ただし、染井吉野は観賞用として交配したため、自力で繁殖することができません。全国にある染井吉野は、一本の原木から接ぎ木や挿し木で増やした、いわばクローン。そのため同じ条件のもとで一斉に咲き出し、お花見や観測に適しているわけですが、近い将来寿命を迎えてしまうので、その対応が課題になっています。

<日本三大桜>
山高 神代桜(やまたか じんだいざくら)・・・山梨県北巨摩郡武川村。樹齢2000年以上
根尾谷 淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)・・・岐阜県本巣市。樹齢1500年以上
三春 滝桜(みはる たきざくら)・・・福島県田村郡三春町。樹齢1000年以上
※いずれも国の天然記念物です

 

 

季節の食べ物

<野菜>
うど、たけのこ、キャベツ、からしな、さやえんどう、春菊、ほうれん草、ふき、わらび、椎茸、グリーンピース
<魚介>
はまぐり、さわら、あじ、さより、にしん、太刀魚、 真鯛、とびうお、ひらめ
<果物>
いちご

 

季節の花

椿、桜、シクラメン、カスミソウ、スミレ、山吹、チューリップ、アマリリス、ツツジ、パンジー、木蓮、桜草、カタクリ、 ハナミズキ、イチリンソウ、ウラシマソウ、クマガイソウ、ザゼンソウ、ヒトリシズカ


5月(皐月)

皐月(さつき)

旧暦の5月は田植をする月であることから「早苗月(さなえづき)」と言っていたものを「さつき」に略した説や、稲を植えることを古語で「さ」と呼び、それが「さつき」となったという説があります。また、漢字の「皐」には「神に捧げる稲」 という意味があるため、皐月が使われるようになったと言われています。

 

年中行事

5日 端午の節句

端午の節句には、男子の健やかな成長を祈願して、鯉のぼりを上げたり、五月人形を飾ったり、5月5日には菖蒲湯に入ったり、粽(ちまき)や柏餅を食べたりして祝いますが、その起源は古代中国発祥の厄祓いの行事です。
「端」は初めという意味で、「端午」は月の初めの午(うま)の日をさし、もともと5月だけに限りませんでしたが、やがて十二支でいう午の月が5月であり、午(ご)の日が5(ご)の日に通じることから 5月5日に行われるようになりました。
中国では、5月 5日を重五(ちょうご)と呼び、菖蒲や蓬(よもぎ)の強い香りが邪気を祓うとされていたため、蓬で作った人形(ひとがた)を軒に飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲湯に入って邪気祓いをしていました。それが奈良時代に日本に伝わり、端午の節会(せちえ)という宮中行事となり、菖蒲を屋根を葺いたり、身に付けたり、菖蒲や蓬を丸く編み五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を飾ったり、貴族同士で薬玉を贈りあったりする行事になりました。
また、日本の農家では古くから田植えをする5月に「五月忌み」という行事をしていました。昔は神聖な行事である田植えは早乙女(さおとめ)がするものとされ、田植え前には物忌み(一定期間、不浄を避けて心身を清めること)をしていましたが、ここに中国の端午の節句が結びつき、早乙女は菖蒲や蓬で屋根を葺いた小屋に前夜からこもっては菖蒲酒などで穢れを祓い、神聖な存在になってから田植えに臨むようになりました。
鎌倉時代になると、日本では将軍家に男の子が生まれると旗指物(家紋のついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありましたが、やがてこれが武家の間に広がり、男の子が生まれた印として幟を立てるようになります。その後、武士の力が強くなると、「菖蒲」が武を尚(たっとぶ)「尚武」や「勝負」に通じ、葉の形が剣に似ていることから、兜に菖蒲を飾ったりと男の子のおまつりに変わっていきました。
さらに、江戸幕府によって五節句のひとつに定められると、男の子が強く逞しく成長して立身出世することを願う行事として定着していきました。その後、江戸庶民の間で鯉の滝登りで立身出世のシンボルとなった鯉を幟にするアイデアが生まれ、武家の幟に対して、町人の間では鯉幟のぼりが上げられるようになりました。当時は乳幼児の死亡率が高かったため、健やかな成長を祈る気持ちの表れでもあったのです。

昭和23年に「国民の祝日に関する法律」で「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」 日となり、男女の別なくお祝いをするようになりました。
おかげ横丁でも、毎年この時期に「端午の節句」を開催しています。

 

 

<菖蒲(しょうぶ)>
端午の節句は別名「菖蒲の節句」呼ばれるように、本来は菖蒲を使った厄祓いの行事でした。 邪気は香りの強いものに弱いとされていたので、菖蒲を厄除けとして軒先に飾ったり、5月5日に菖蒲の根や葉をお風 呂に入れて入浴することで邪気を払いました。
菖蒲は、サトイモ科の植物で、その葉っぱに独特の芳香があり、茎や根っこに血行促進や鎮痛作用があります。 ちなみに、花菖蒲はアヤメ科の植物で、花菖蒲を湯船に浮かべても、香りや効能を楽しむことはできません。

<鯉のぼり>
鯉のぼりは、吹流しを鯉の形に模して作ったのぼりで、端午の節句である5月5日まで飾られます。鯉が滝を昇り竜になるという中国の伝説にならい、子供の出世を願う気持ちが込められています。上から回転球、矢車吹流し、真鯉、緋 鯉の順に取り付けます。男の子が生まれるたびに子鯉を増やしていく地方もあります。
江戸時代は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、大正時代に破れない綿の鯉のぼりとなり、昭和30年代に入ってから合成繊維の鯉のぼりが登場し、広く親しまれるようになりました。

<五月人形>
端午の節句には、鎧、兜、子ども大将飾りなど五月人形を飾ります。 鎧や兜は、様々な災いから身を守る意味があります。武家社会から生まれた風習で、武士の命を守る大切な道具を飾り、様々な災いから子供を守って逞しく成長するよう願います。

<粽>
本来、端午の節句には粽を食べますが、これは中国の故事に由来します。
今からおよそ 2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。有能な政治家でもあった屈原は国王の 側近として仕え、その正義感と国を思う強さで人々から大変慕われていましたが、陰謀によって失脚し、国を追われて しまいます。そして、国の行く末に失望した屈原は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまったそうです。それが5月5日です。
人々は屈原の死を悲しみ、命日になると供物を投げて供養しましたが、せっかくの供物も屈原のもとに届く前に悪い龍 に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包み、邪気を払う五色(赤、青、黄、白、 黒)の糸で縛ってから川へ投げたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。
これが粽の始まりで、5月5日に粽を作って災いを除ける風習が日本に伝来しました。また、粽が中国伝来なのに対し、 柏餅は日本独特のもので、江戸時代に江戸で生まれました。柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていたことや、新芽 が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」 に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物となりました。

 

 

風物

季節の行事

<母の日>
5月の第2日曜日は母の日です。 母の日は1910年、アメリカのある女性が亡き母の命日である5月9日に、教会で白いカーネーションを配ったのが始 まりとされています。これが全米に広がり、1913年に5月の第2日曜日を「母に捧げる祝日」に決められました。 そして、日本では戦後に広く知られるようになりました。

 

季節の食べ物

<野菜>
たけのこ、キャベツ、さやえんどう、春菊、ふき、わらび、玉ねぎ、アスパラ、グリーンピース、きゅうり、そらまめ、トマト、 茄子、新じゃが
<魚介>
はまぐり、さわら、あじ、いさき、かつお、真鯛、ます
<果物>
いちご、すいか

 

季節の花

カーネーション、サクラソウ、アヤメ、ショウブ、ツツジ、スズラン、フジ、ミズバショウ、バラ、牡丹、トルコギキョウ、 ハナミヅキ、シロツメグサ、ミヤコワスレ、スズラン、ライラック

 

 


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status