伊勢内宮前 おかげ横丁

夏まちまつり

 


夏まちまつり(6/7~6/9)

 

 

その昔、町のあちらこちらに登場した涼しげなもの売りや見世物、大道芸。
「夏の楽しみ、なつまでまつな」を合言葉に、梅雨の晴れ間の楽しいひとときをお過ごしください。

◇開催日時:令和元年6月7日(金)~9日(日) 10:00~17:30(8日(土)は20:00まで)
※雨天や諸事情にて中止とさせていただく場合もございます。
◇場  所:おかげ横丁一帯

 

特別企画!!
「怪談ばなし」一龍斎貞水

講談界初の人間国宝に認定されている一龍斎貞水氏の公演です。

日時/6月8日(土)14:00~(受付13:00~、開場13:45~)
場所/おかげ座 神話の館
定員/100名
料金/無料

【一龍斎貞水(いちりゅうさいていすい)】
2002年、重要無形文化財(人間国宝)に認定。
講談界初で寄席の世界では故・五代目柳家小さん師、故・桂米朝師についで三人目。
特に怪談に関しては特殊演出効果を駆使した「立体怪談」と、その取り組みが関心を呼び「怪談の貞水」と言われている。

 

 

夏まち大道芸

うっとうしい梅雨空を晴らすかのように路上で繰り広げられる大道芸。
昔懐かしいバナナの叩き売りやガマの油売りなど、投げ銭準備の上、お楽しみください。

日時/6月8日(土)、9日(日)10:00~17:30(8日(土)は延長)
場所/おかげ横丁内各所
出演(予定)/・三ッ沢グッチ(街頭紙芝居)・三橋とら (紙芝居屋)・石原 耕 (口上芸)・ももっち (ジャグリング)・ 揚野バンリ (和洋曲芸)・筑豊大介 (猿舞)
・上條 充 (江戸糸あやつり人形)・しげきひろし(けん玉)・ゼロコ (パントマイム)・はさみ家紙太郎(紙切り)・太平洋 (和風大道芸)・メランコリー鈴木 (ストリート・シネマ・パントマイム)

 

 

 

 

夏の風物屋台

夏が待ち遠しくなるような風鈴や手ぬぐいなどの物売り屋台や金魚すくい、ヨーヨー釣り、射的などの遊戯屋台が所狭しと並びます。

場所/おかげ横丁一帯

 

 

絵付け教室

夏にピッタリなうちわやお面などに絵付けをしていただけます。

時間/10:00~17:30(16:30受付終了)
場所/伊勢路名産味の館2階「大黒ホール」
料金/お面・風鈴の絵付け:各1,200円(税込)、金魚の絵付け:1,000円(税込)、うちわの絵付け:500円(税込)~

 

 

 

 

レンタルゆかた

お気に入りの浴衣を選んで、一足早い夏まつりを楽しみましょう。
男性用もご用意しております。

時間/10:00~17:30(16:00受付終了、8日は18:00受付終了)
料金/2,900円~
場所/伊勢路名産味の館2階「大黒ホール」

 

 

 

茅の輪くぐり

茅萱(ちがや)で作られた直径2mほどの輪をくぐれば、無病息災のまじないになるといいます。
本来は6月30日に行われる風習ですが、夏をちょっぴり先取りして行います。

場所/おかげ横丁入口常夜燈付近

 

 

 

季節の催し
季節を尊び、皆が一緒に楽しむ祭りは、
日本の暮らしのリズムでもあります。

一つの祭りが終わると、
また次の祭りがやってきます。
季節を尊び、皆が一緒に楽しむ祭りは、
日本の暮らしのリズムでもあります。

 

風の市 端午の節句 五十鈴川桜まつり ひなまつり 節分の市 新春郷土芸能 歳の市 きもの日和 十三夜の月見 恵みの市 来る福招き猫まつり 伊勢の匠展 七夕の節句 夏まちまつり 神恩感謝日本太鼓祭 梅雨のおかげ横丁


(C) Copyright 2000-2018 ISEFUKU. All rights reserved.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status