▲Page
Top
Menu

おかげ横丁の野鳥

 おかげ横丁では自然環境への取り組みとして、2017年より、おかげ横丁内の数カ所の木に巣箱を取り付けました。

 

 

 「灯りの店」の入口近くの木を見上げると、30cmくらいの木箱があります。これまで、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ハクセキレイ、コゲラ、ジョウビタキ(冬鳥)が巣箱に入りました。

 この他、スズメ、ツバメ、イソヒヨドリ、ヒヨドリ、ハト、カラス等もおかげ横丁で見られます。特にツバメは、毎年春になるとお店の軒先に巣を作り子育てをします。伊勢では、商売繁盛の象徴とされており大事にしています。

 

 

 ツバメは、天敵から巣を守るために人の多い賑やかなところに巣を作る習性があり、昔からつばめが巣を作る家は商いが繁盛して縁起が良いといわれてきました。

 また、五十鈴川周辺では、カワセミ、ツグミ、モズ、ムクドリ、カワウ、コサギ、カモ類、ヒレンジャク、キレンジャク(冬鳥)等の水辺の鳥が生息しています。

 


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status