▲Page
Top
Menu

みそか寄席

10月『みそか寄席』開催のお知らせ

 

令和2年4月30日より新型コロナウイルス感染拡大予防のため開催を中止しておりました『みそか寄席』を、9月公演より再開し10月も開催いたします。

『桂文我 独演会』

開催日:令和2年10月31日(土)
日 時:1部 19時~(受付18時~)、2部  21時半〜 (受付20時半〜)
木戸銭:前売り券 2,200円、当日券 2,500円 ※前売りで定員になった場合は、当日券の販売は行いません。
出演者:1部・2部 桂文我 ※演目は当日のお楽しみ
定 員:1部 25名様、2部 25名様

 

チケットの販売場所:おかげ横丁「おみやげや」 電話0596-23-8838
チケットの購入方法:①お電話でお申し込みいただく ②おかげ横丁「おみやげや」にご来店いただく

 

①お電話でお申し込みいただくの場合
お名前、ご連絡先、1部・2部のいづれか、チケット枚数をお伝えください。
当日は、受付にてお名前をご確認の上、前売り料金を頂戴いたします。

②おかげ横丁「おみやげや」にご来店いただく場合
お名前、ご連絡先、1部・2部のいづれか、チケット枚数をお伝えの上ご購入ください。
当日は、受付にてチケットをご提示ください。

 

【チケットご購入に際しての注意事項】
・チケットご購入後の払い戻しは行いません。
・キャンセルされる場合は、必ずおかげ横丁「おみやげや」までご連絡いただきますようお願いいたします。
・中学生未満のお子様の入場はお断りしております。

 

 


みそか寄席とは

 

みそか寄席は、毎月の末日である”みそか”に合わせて開かれている落語会。平成3年6月から始めて令和になった今も続いています。
夜間の2回公演(19時~、21時30分~)で、これまでに延600人が1000余話公演しています。

古い落語の発掘や落語研究書の出版など、幅広い活躍で芸術推奨文部大臣新人賞を受賞した、 地元松阪出身の桂文我師匠を中心に、中堅・若手の噺家が多数出演。

みそか寄席の開催される「すし久」は、明治4年に建てられた本格木造建築。昔ながらの風情そのままに開かれる寄席は、まさに”通好み”。
夜のおはらい町通りに灯る提灯の明かりが目印です。

 


 

■お問い合わせ

  おかげ横丁おみやげや(総合案内) 電話 0596-23-8838


お知らせ

 

「みそか寄席」は平成20年1月に、ちょうど200回という大きな節目を迎えました。
おかげ横丁ではこれを記念する事業として、「特別寄席」の開催をはじめ、はるか昔より、お伊勢参りの旅人が歩いた「街道」を辿りながら、街道界隈の名所や旧跡、自然の美しい紀行映像と、その土地に因んだリレー形式の大河落語で、往年の「お伊勢参り」を再現したDVDブックを制作しました。
このDVDブックは、おかげ横丁の「おみやげや」とオンラインショッピングでお求めいただけます。

おかげショップで購入 >>

■主 催

  おかげ横丁

 

■後 援

  三重県・伊勢市・伊勢市教育委員会


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status