伊勢内宮前 おかげ横丁

おかげ横丁のこだわり

 

おかげ横丁の建設と発展に関与された専門家や、商品の供給者であるこだわりの生産者たちのお話

おかげ横丁では、お客様に従業員がおかげ横丁について的確な説明をできるようになるために、社内勉強会として「おかげ講習」を開催しています。
「おかげ講習」では、おかげ横丁の建設と運営に関わった専門家の方々や、商品を供給してくださる生産者の方々などに講師になっていただいて、
建物、商品、料理、催事などへの思いやこだわりを話していただいています。
それぞれの講義は聞くほどに感動を生み、これまで従業員でも知らなかった新たな世界が広がってきました。
その素晴らしいお話を、お客様にもぜひ直接お伝えしたいと思い、ホームページで公開することにいたしました。
おかげ横丁を改めて見つめていただき、これまで知らなかった新しい魅力を感じていただけたら幸いです。

    • なかむら珈房 中村雅則さん

       なかむら珈房の中村雅則氏は、伊勢市在住のスペシャリティコーヒーの焙煎師です。おかげ横丁の五十鈴川カフェ、はいからさん、名産味の館ほかにコーヒー豆を供給していただいています。おいしいコーヒーを作りたいという焙煎にかける熱意、南米や東南アジアに赴きコーヒー豆の産地で研究を重ねる姿勢など、コーヒーへの一途な愛情を感じる方です。

    • 五十鈴塾塾長 神崎宣武さん

       神崎宣武氏は民俗学者で、旅の文化研究所所長、文化庁文化審議専門委員、五十鈴塾講師など各界で大きな役割を担っておられます。おかげ横丁においては、おかげ座神話の館の展示制作の監修をしていただきました。今回は〝おかげ横丁〟の名前の由来にもなっている「おかげまいり」についてのお話し。単彩で寂とした「江戸時代」が、明瞭で躍動的な「日常」として浮かび上がってきます。

    • まるてん有限会社 天白幸明さん

       志摩市大王町波切で鰹節づくりをしている天白幸明氏。高品質な鰹節の製造者であるかたわら、波切節の良さを燻し小屋で体験的に説明する語り部でもあります。この講座では、伊勢神宮と鰹節の関係を神饌としてだけでなく、美味し国伊勢と言われるこの地域の自然環境にまで視野を広げ、波切節の伝統を守る意味を語ってくださいました。


(C) Copyright 2000-2018 ISEFUKU. All rights reserved.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status