▲Page
Top
Menu

9月(長月)

長月(ながつき)

日増しに夜が長くなるので「夜長月(よながつき)」と呼び、それが転じて長月になったといわれています。

 

年中行事

9日 重陽の節句

旧暦の9月9日は五節句の一つで、古来中国では奇数は良いことを示す陽数、偶数は悪いことを示す陰数と考え、その陽数が連なる日は縁起が良い反面、不吉なことが起こるとも考えられ、この日に邪気祓いをしたのが五節句の始まりです。その中でも一番大きな9の陽数が重なる9月9日を陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願うようになりました。
また、3月3日を「桃の節句」、5月5日を「菖蒲の節句」と呼ぶように、この日を「菊の節句」や「栗の節句」とも呼びます。
菊は長寿をもたらす花と考えられていて、その強い香りで邪気を祓うとされてきました。日本では平安時代初期に貴族の宮中行事として取り入れられ、中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら菊酒を飲む華やかな宴が行われていました。また、前日の晩に菊の花に綿を被せておき、9日の朝に夜露と一緒に菊の香りの染み込んだ綿で体を拭いて不老長寿を願う行事が行われていました。
それが、江戸時代になると諸大名が江戸城に集まって菊酒を飲み、栗飯を食べて菊の花を観賞するようになり、やがて庶民の間へと広がっていきました。
現在では、この日は「お九日(おくんち)」といって、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。有名な「長崎くんち」 「唐津くんち」はその名残で、新暦の10月に開催されています。

 

29日 招き猫の日

9月29日は、「9(来る)29(福)」の語呂合わせで「招き猫の日」です。
いつも手を挙げて、私たち人間に福を招いてくれる招き猫に一年に一度くらいは感謝する日があってもいいのではと、 日本で唯一の招き猫愛好団体である『日本招猫倶楽部』が1995年に制定しました。

おかげ横丁でも、毎年招き猫の日に合わせて、全国各地から招き猫が集う『おかげ横丁 来る福招き猫まつり』を開催しています。

 

 

 

風物

季節の行事

<彼岸>
彼岸とは、春分の日と秋分の日を中日とした前後3日を合わせた7日間をいいます。また、3月の彼岸を「春彼岸」、9月の 彼岸を「秋彼岸」と区別して呼んだりもします。そして、最初の日を「彼岸入り」、最後の日を「彼岸明け」と呼びます。
春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。
仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界(あの世)を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界(この世)を此岸(しがん)といいます。そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分の日と春分の日は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになりました。
お墓参りに用いられる花は、基本的には仏花(菊や白い花)が主ですが、季節の花を添えたり、故人の好きだった花でまとめたりすることがあります。さらに、お供えされる食べものといえば、「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、基本的にはどちらも同じものです。その季節に咲く「牡丹」と「萩」の花から、春は「牡丹餅(ぼたもち)」、秋は「御萩(おはぎ)」と呼び分けるようになり、作り方にも花の形が反映されるようになりました。
また、小豆の収穫期は秋なので、秋のおはぎには皮ごと使った粒あんを用い、春のぼたもちには固くなった皮を除いたこしあんを用いていたそうです。
彼岸は、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって大切な行事となりました。現在、彼岸の中日、秋分の日は国民の祝日です。祝日法による趣旨は、『祖先をうやまい、 なくなった人々をしのぶ日』となっています。

 

季節の食べ物

<野菜>
なす、とうがん、おくら、かぼちゃ、しめじ、さつまいも、ごぼう、枝豆
<魚介>
さわら、かつお、さば、さんま
<果物>
梨、柿、ぶどう

 

季節の花

ヒガンバナ、ダリア、フヨウ、コスモス、おみなえし、ハギ、キンモクセイ、すすき、ぜにあおい、しろつめくさ


10月(神無月)

神無月(かんなづき)

この月に日本中の八百万(やおよろず)の神様が、出雲の国(島根県)に集まり相談をするため、他の国には神様がいなくなってしまうことから神無月と呼ばれています。そして、神様の集まる出雲の国では神在月(かみありづき)と 呼ばれています。また、「無」は「の」を指し、一年に一度、神様が集まる「神の月」を意味するという説もあります。

 

年中行事

17日 神嘗祭

年間1500回に及ぶ神宮の恒例のお祭りの中でも、最も重要なお祭りが「神嘗祭(かんなめさい)」です。
神嘗祭は、その年に収穫された新穀を最初に天照大御神(あまてらすおおみかみ)に捧げて、御恵みに感謝するお祭りで、由貴大御饌(ゆきのおおみけ)と奉幣(ほうへい)を中心として、興玉神祭(おきたまのかみさい)、御卜(みうら)、 御神楽(みかぐら)などの諸祭を行います。
さらに附属のお祭りとして、春に神宮御園(じんぐうみその)で行われる御園祭(みそのさい)、神宮神田で行われる神田下種祭(しんでんげしゅさい)、秋の抜穂祭(ぬいぼさい)、御酒殿祭(みさかどのさい)、御塩殿祭(みしおどのさい)、大祓(おおはらい)があり、神宮の年間の祭典は神嘗祭を中心に行われているといっても過言ではありません。
神嘗祭は、神宮で最も古い由緒をもち、天皇陛下の大御心を体して、天照大御神に新穀を奉り収穫の感謝を捧げる祭典です。明治時代の改暦以前は9月に行われていましたが、現在は10月15日の興玉神祭から始まり、続いて御卜が行われます。御卜は祭主以下の神職が神嘗祭の奉仕に適うかをお伺いする儀式です。翌16日、皇大神宮で午後10時に由貴夕大御饌(ゆきのゆうべのおおみけ)、17日午前2時に由貴朝大御饌(ゆきの あしたのおおみけ)が行われます。大御饌とは立派な食事という意味で、海川山野のお供え物を取り揃え、神田で収穫された新米を玄米のまま蒸して土器に盛り、御餅をつき、白酒黒酒(しろきくろき)のお酒を醸してお供えします。
17日の正午には、天皇陛下が遣わされた勅使(ちょくし)が幣帛(へいはく)をご奉納になる奉幣が行われ、同日天皇は 皇居神新嘉殿にて皇大神宮を御遙拝になられます。最後に夕刻、御祭神を和めるために御神楽が行われます。
神宮のお祭りは、外宮先祭といってまず外宮で祭儀が行われる習わしがありますので、内宮に先だって外宮で15日から16日にかけて由貴大御饌・奉幣・御神楽が行われます。 また、天皇陛下は皇居の御田でお育てになられた御稲穂を神宮に御献進になり、両正宮の内玉垣(うちたまがき)に奉 懸(ほうけん)されます。内玉垣には全国の農家が奉献した稲穂も懸けられており、それは懸税かけちからと呼ばれます。そこには天皇と国民の収穫奉謝の真心が一体となった光景が見られます。
このように神嘗祭は、諸神に先立ち収穫の感謝を天照大神に捧げ、翌11月に天皇陛下は新嘗祭を行われて天神地すべての神々に収穫を感謝されるのです。古来お米を主食として生きてきた日本人にとり、神嘗祭は重要な祭儀であり、 その意義は今日も古代から一貫して変わることはありません。[伊勢神宮ホームページより]

おかげ横丁でも、毎年この時期に秋の恵みに感謝する『おかげ横丁 恵みの市』を開催しています。この催しでは、一年の収穫の喜びと感謝の気持ちを込めて、生産者の方々と産物を伊勢神宮に奉納し、おかげ横丁内の特設屋台において、それらの産物を販売しています。

 

 

 

風物

季節の行事

<お月見>
お月見とは、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします。 十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。
旧暦では7月〜9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、仲秋は秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。やがて月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いをかねているため、「芋名月」という別名で呼ばれるようにもなりました。供え物をして月を鑑賞するようになったのは江戸時代からです。
もう一つのお月見に「十三夜」があります。十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことで、旧暦8月15日の十五夜のあとに巡ってくる十三夜をさしています。十三夜は十五夜に次いで美しい月だといわれており、昔からとても大事にしてきました。どちらか一方しか月見をしな いことを「片見月」「片月見」といい、縁起が悪いとされています。 また、十五夜のお月見が中国伝来なのに対し、十三夜は日本でうまれた風習だといわれており、栗や豆の収穫祝いでもあるため、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。
さらに、「十日夜(とおかんや)」というお月見もあります。十日夜は、旧暦10月10日に行われていた収穫祭のことをさします。ただ十日夜は、稲刈りを終え、田の神様を見送る行事でお月見がメインではないため、月齢に関係なく新暦の11月10日に実施する地方もあります。
十日夜には、田の神様の化身とされている案山子(かかし)にお供えものをしたり、案山子と一緒にお月見をしたりする「かかしあげ」の風習があります。また、わらを束ねた「わら鉄砲」や「わらづと」で子どもたちが地面を叩いて作物を荒らすモグラなどを追い払い、土地の神様を励ますなど、地域によってさまざまな行事があります。 十日夜は東日本を中心とした行事ですが、西日本にも「亥の子」という類似した行事があります。これは、旧暦10月 の亥の子の日に、子どもたちが石に縄をつけた亥の子槌で地面を叩く「亥の子突き」をしたり、「亥の子餅」を食べて 無病息災や子孫繁栄を願ったり、「炉開き」や「こたつ開き」をして火事にならないよう願う風習です。昔から十五夜、 十三夜、十日夜が晴れてお月見ができると縁起が良いとされています。
 十五夜は旧暦の8月15日の満月をさしますが、新暦では月遅れの9月15日と思っている方も多いでしょう。しかし、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦にはズレが生じます。そのため、実際には毎年9月中旬〜10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。これだけ幅があると何かと大変なため、十五夜関連の行事を毎年9月15日に固定化している場合もありますが、正確には違うのです。

 

季節の食べ物

<野菜>
かぼちゃ、しめじ、くわい、松茸、人参
<魚介>
さわら、かつお、さば、さんま
<果物>
栗、柿

 

季節の花

コスモス、あざみ、けいとう、りんどう、キンモクセイ、マリーゴールド、菊、シロツメクサ、シオン


11月(霜月)

霜月(しもつき)

霜が降りる頃であることから、霜月と呼ばれるようになったというのが一般的のようです。

 

年中行事

15日 七五三

11月15日は「七五三(しちごさん)」です。七五三は、子ども時代の大切な節目となる3歳(男女)、5歳(男の子)、7歳(女の子)の成長に感謝し、神社に参拝して、人生の節目をお祝いする行事です。 もともとは公家や武家で行われていた「髪置き」「袴着(はかまぎ)」「帯解き」という別々の儀式で、年齢、性別、日取りなどは時代や階級によってさまざまでした。江戸時代後期には、この3つの儀式が1つになり、その後、今のような形になって広がっていきました。
江戸時代、五代将軍・徳川綱吉が虚弱体質であった長男・徳松(5歳で夭折)の無事成長を祈るために、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日で、これが一般に定着したといわれています。なぜこの日が選ばれたかは、「鬼宿日(きしゅくにち)」という吉日にあたるという説や、11月が秋の収穫の月で縁起がよく、3と5と7を足して15日にしたという説があります。
※鬼宿日とは、古代中国の天文学で用いられた区分法「二十八宿(にじゅうはっしゅく)」の鬼宿にあたる日。最吉日で、婚礼以外は万事に大吉とされる。
昔は医療が未発達なこともあり子どもの死亡率が高く、7歳まで生きられない子どもが多かったために〝7歳までは神のうち〟といわれ、それまでは魂が定まらないと考えられていました。そこで、節目の年に成長を祝って神様に感謝し、 無事迎えた7歳で神社の氏子になったのです。

3歳「髪置き(かみおき)の儀」: 赤ちゃんから幼児への成長のお祝い。昔は3歳になるまでは髪を剃っていて、11月の吉日から髪を伸ばすようにしていました。
5歳「袴着(はかまぎ)の儀」: 男の子のお祝いで、男児から子どもへの成長を祝い、初めて袴をはきます。
7歳「帯解き(おびとき)の儀」: 女児から子どもへの成長のお祝い。幼児用のひも付きの着物から、しっかり帯結びをした着付けに変わります。「ひも落とし」ともいいます。

神社では年齢は数え年(お母さんのお腹にいる間を1年と数え、生まれたときが1歳で、元旦にひとつ年をとる)で表すのが一般的です。

<千歳飴>
千歳飴は、長く引っ張って伸ばして作ることから〝長寿〟に通じる縁起のよい紅白の飴です。袋にも縁起のよい鶴亀や松竹梅が描かれており、名前も「千歳(千年)」というおめでたい名前で、晴れ姿に千歳飴の袋を持つことが定着しました。
由来は諸説あるようですが、七五三の行事が一般化した江戸時代にはすでにあったようです。

 

 

風物

季節の行事

<紅葉狩り>
〝狩る〟といっても「ぶどう狩り」や「きのこ狩り」と違い、枝葉を切ったりはしません。紅葉狩りとは紅葉を観賞すること。もともとは、平安時代の貴族の間で、紅葉を見物しながら宴を開き、その美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合(もみじあわせ)」が 流行したことから、紅葉狩りが始まったそうです。
狩猟をしない貴族の間では、草木を眺め自然を愛でることを狩りに例えたといわれています。〝狩る〟という言葉は〝花や草木を探し求める〟という意味なのです。
その後、江戸時代から庶民にも広がり季節行事として定着していきました。 「モミジ」とは、秋に葉が赤や黄色に色づく植物全般を指します。
紅葉というと、赤ちゃんの手の様に葉が5つに分かれた楓(かえで)を想像しますが、これは「イロハカエデ」というカエデ科の植物のこと。「イロハモミジ」「ヤマモミジ」「オオモミジ」など、何々モミジと呼ばれている木は全てカエデ科の植物で、日本には26種類もあります。このカエデ科の植物の紅葉が見事なので、「モミジ=カエデ」と思い、代名詞のようになっているのです。
カエデの他にも桜、ウルシ、コブシ、ブナ、イチョウなど、いわゆる落葉樹と呼ばれる木が紅葉します。紅葉は、気温が急激に下がることで、光合成によってできる葉の中のタンパク質が枝へと移動できなくなり、糖類が蓄積されて、 緑の色素である葉緑素が壊れていくために起こる現象です。代わりに増えていく赤い色素は「アントシアン」、黄色い色素は「カロチノイド」、褐色の色素は「フロバフェン」といいます。樹木によって色が違うのは、葉に含まれる栄養素が違うから。また、気候によっても色は異なります。同じ色にならないところが、秋らしいグラデーションを生む所以です。
日本だけではなく他の国々でも紅葉は見られますが、落葉樹林がまとまっているのは、東アジアの沿岸部と北アメリカ大陸の東部、ヨーロッパの一部にすぎません。地球の3割程が森林ですが、一番面積が広いのはロシア・アラスカ・カナダなどに広がる針葉樹林。次に広いのはジャ ングルなどの熱帯雨林です。それに対して日本は、国土のおよそ7割が森林でさまざまな落葉樹が生えていますし、寒暖の差がありますから、いたるところで美しい紅葉を楽しむことができます。日本の紅葉がとりわけ美しいといわれているのは、日本の気候風土のなせる技なのです。

 

季節の食べ物

<野菜>
しめじ、くわい、白菜、小松菜、大根、れんこん、カリフラワー、ブロッコリー、人参、ほうれん草、三つ葉、かぶ、かぼちゃ、ごぼう、新米、里芋、野沢菜
<魚介>
あさり、かます、いわし、平目、さんま、かれい、ふぐ、金目鯛、牡蠣
<果物>

 

季節の花

菊、サザンカ、シクラメン、ヒイラギ、もみじ、ポインセチア、キンモクセイ、南天


 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status