梅雨のおかげ横丁(6/17~7/9)

催しもの

6月11日頃は「入梅」といわれ、この時期から約30日間を「梅雨」と呼びます。
シトシトと降る「走り梅雨」がやって来て、本格的な梅雨となりますが、その語源は、「梅の実が黄色く熟す季節の雨」から来ているといいます。
梅雨の季節を粋に楽しく過ごせるよう、古人は、番傘をさして雨音に耳を傾けたり、きれいに咲く紫陽花に心和ませたりしたことでしょう。
おかげ横丁で、しっとりと雨の風情に包まれながら、心に残る素敵な雨の日の思い出を作りませんか。

◎開催日時:平成29年6月17日(土)~7月9日(日)10:00~17:00
※催しによっては、時間が異なるものもございます。
◎場  所:おかげ横丁一帯

◇苔玉展

雨が続く梅雨の季節。水に濡れて美しく輝く苔は、この季節だからこそ楽しめるもののひとつです。苔玉作家が手塩にかけて育てた、個性あふれる苔玉の数々をご鑑賞ください。
期間中の土日には、体験教室や屋台販売も行います。

苔玉店のチラシはこちら>>>


日時:6月17日(土)~7月9日(日)10:00~17:00(体験教室は期間中の土日の11:00~、14:00~の2回)
場所:【展示販売・体験】伊勢路名産味の館2階「大黒ホール」、【販売】おかげ横丁「特設屋台」(期間中の土日)
体験教室:500円(定員:各回10名)



◇紫陽花の展示
 
シトシトと降り続く梅雨の時期を華やかに彩る紫陽花を展示・販売いたします。

日時:6月17日(土)~6月30日(金)10:00~17:00
場所:赤福別店舗側特設屋台 他


紫陽花


◇てるてる坊主作り ※鈴をプレゼント

おかげ横丁内の店舗軒先にスタッフ手作りのてるてる坊主や市内幼稚園児に制作していただいた個性溢れるてるてる坊主を飾り皆様をお出迎えします。
梅雨明け宣言が出た日より5日間、てるてる坊主の歌にちなみ、てるてる坊主に金の鈴を付け感謝します。また、おかげ横丁内特設屋台では、オリジナルのてるてる坊主を作っていただけます。

日時:6月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、7月1日(土)~9日(日)10:00~17:00
場所:おかげ横丁「特設屋台」
料金:200円


てるてる坊主


◇絵付け体験

団扇や風鈴に思い思いに絵付けしていただけます。

日時:6月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、7月1日(土)~9日(日)10:00~17:00
場所:おかげ横丁「特設屋台」
料金:団扇500円、風鈴1,200円


絵付け


◇横丁商店猫巡りスタンプラリー

江戸時代、彦根藩第二代藩主 井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった際に、寺で飼っていた白猫が手招きをするような仕草をしたため寺に立ち寄り休憩をしていたところ、雷雨が降り始め、雨に降られずに済んだそう。
おかげ横丁の各お店では、招き猫作家もりわじん氏が手がけたかわいい招き猫が皆様をお迎えしています。
スタンプを5つ集めると素敵な景品と交換いたします。

日時:6月17日(土)~7月9日(日)10:00~17:00
受付:伊勢路名産味の館2階「大黒ホール」


◇梅雨のおかげ横丁 限定飴

飴と雨をかけて、飴細工職人が作る梅雨のおかげ横丁限定飴を販売します。

日時:6月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、7月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)10:00~17:00
場所:おかげ横丁「特設屋台」
料金:500円(税込)


限定飴
株式会社伊勢福
〒516-8558 三重県伊勢市宇治中之切町52番地
TEL: 0596-23-8838(お客様用)
TEL: 0596-23-8811(企業様用)
FAX: 0596-23-8840 E-MAIL: information@okageyokocho.com